Blog

March 9, 2021

日本人がギャンブルをする5つのイベント

日本では、競馬、パワーボートレース、自転車レース、サッカー、バイクレースなど、賭けが合法となるスポーツがいくつかあります。しかし、日本人が賭けているゲームはこれだけではありません。その一部を以下に示します。

競馬

競馬は世界の他の地域では上品と見なされていますが、日本では絶対にそうではありません。競馬は懇親会の場ではなく、ギャンブルに専念する場所です。しかし、会場は確かにエキサイティングな体験であり、競馬場を訪れたいのであれば、府中の東京競馬場が最善の策です。 1933年に建てられたこの場所では、ジャパンダービーやジャパンカップなどの最も人気のあるレースが開催されます。

競輪

競輪は自転車レースの一種で、韓国で競輪場がオープンするまでは日本独特のギャンブルでした。ほとんどのレーサーは男性ですが、2012年にガールズ競輪が登場し、今では競合する女性レーサーにも賭けることができます。一般的に、9人のレーサーが333.3x500mのトラックを2〜3キロメートルサイクリングします。レーサーは平均時速60kmでサイクリングし、フィニッシュラインでは時速70kmに達することがあります。東京には、立川の立川競輪場と調布の京王閣競輪場の2つの競輪場があります。

 

競艇

競輪

競艇は基本的にパワーボートレースであり、競輪のような独特のギャンブル形態でした。 2002年に韓国に競艇スタジアムがオープンするまではそうだった。競馬場は通常、川、湖、または海に建てられます。 300m離れた2つのブイを合計3回、6隻のボートが走り回っています。ボートの速度は80km / hに達することがあります。競艇のユニークな点は、男性と女性の両方が最初から一緒に競争してきたことです。現在、東京の平和島、多摩川、江戸川に3つの競艇競技場があります。

オートレース

オートレースは、8人のレーサーが競うオートバイレースです。レーサーは500mの楕円形のコースを6周走行し、直線速度は150km / hに達し、コーナーでは最大90km / hに達します。かつてはカーレースでしたが、現在はバイクレースのみが行われています。日本のすべてのオートレース競馬場は千葉県にあります。

パチンコ

パチンコはスロットマシンと平行して見ることができ、日本で非常に人気があります。パチンコ店はいたるところにあり、簡単に行くことができます。それらは最も一般的には駅の近くにあり、装飾的で明るい外観をしています。以前はパチンコ機の方が男性向けでしたが、今では女性も何人か行きます。賞金は電子機器、タバコ、銀、食料品、金などと交換することができます。賞品を現金と交換できる場所が近くにあるため、間接的にお金を獲得することもできます。

イベント
About 蛍  中埜

Leave a Reply

Your email address will not be published.